ホーム > 相続問題

相続問題

相続の成功と失敗例

成功例

・生前贈与を行い事前に納得して分割をする
・遺言書を事前に作成し、残された人が揉めないようにした
・相続税をスムーズに納税するための税金の納税資金対策
・財産の運用資金流動化対策

失敗例

・遺留分を知らずに遺言書を書いていた
・相続税対策の為に高い家賃収入を見込んで建てたアパート建築
・遺産分割協議書を作成せずに放置していた…

↓
少しでも不安なことがあれば、手間を惜しまずに専門家に相談することも重要です。まずはご相談下さい。

生前贈与

「生前贈与」とは被相続人が生きている間に行われる贈与契約です。
生前贈与だから相続税の節税につながるだろうと思って何も計画なしに行なってしまうと後で相続税を支払わなければならなくなる場合もあります。ご注意下さい。

ご注意
  • 相続開始前(亡くなる前)1年以内にされた生前贈与は、遺留分算定の基礎財産に加えられます。
    (民法 1030前段)。

  • 被相続人と贈与を受けた方が、遺留分権利者に損害を加えることを知っていながらされた贈与は相続開始より1年以上前のものでも遺留分算定の基礎財産に加えられます。
    (民法1030後段)。

  • 生前贈与が特別受益に当たる場合、その贈与が1年以上前の贈与であっても、遺留分算定の基礎財産に算入されます。遺産分割のトラブルの原因とならないように注意が必要です。

  • 贈与税は相続税より税率が高いので、相続税等との対比で、課税額にご注意下さい。

遺言書作成

残された人がもめないように。自分の意思を伝えるために適切な方法を。 残された人がもめないように。自分の意思を伝えるために適切な方法を。

自分の死後、あなたの意思をきちんと書き留めて置かなければ、相続争いの原因となる可能性が大きくあります。相続人全員で遺産相続に関して協議を行い、協議がスムーズに整えば良いのですが、なかなかうまくいくことは少ないのです。もしも一人でも反対する人がいれば、遺産分割協議をしなければいけません。
相続が「争続」とならないためにもあなたの意思をしっかりと書きとめておきましょう。
遺言書の種類、書き方、保管方法についても詳しくご説明致します。まずはご相談下さい。

納税資金対策

資産として大丈夫?評価価値は?

相続財産に見合った納税資金がないとき、相続税の支払いを分割払いにしてもらうように申請するか、不動産などの資産を売却して現金を揃えなければいけません。
しかし、分割払いにした場合の利子税は高く、相続税を支払うために生活を犠牲にさせること避けたいところです。

事前に相談しておこう

またこの土地は結構価値があるから、売ればプラスになるだろう…と思い具体的な対策もしないで何とかなると思っていると後々後悔することになります。
また無理な納税計画は相続破産を招いてしまう原因に大きくなりえます。
残される家族を思うのであれば、前もって納税資金を用意してあげることが大事です。

資産の流動化対策

資産の流動化対策

相続税の納税は原則として現金による一時納付です。現金を準備できなけでれば分割払いをすることになり、分割払いにすると利子が高くなるので、高い利子を支払わなくて済むには、まとまった現金を準備しておいた方が賢明といえます。

流動性の高い資産(現金、死亡保険金、死亡退職金など)を保有しておくことが重要です。
また、5000万円の土地と5000万円の現金を分けるとなると分配に差がでてしまいますね。
現金に変えることで公平な分配をすることができます。残された人が揉めないためにも、このような事前準備が大切になります。

その他こんな相続のお悩みもご相談下さい

その他こんな相続のお悩みもご相談下さい。
  • 相続人を調査して欲しい
  • 相続の仕方を相談したい(相続放棄、限定承認)
  • 遺留分を侵害されたので、遺留分減殺請求をしたい
  • 前妻の子供と現在の子供との間の遺産分割の相談
  • 生前対策をしたいけどまず何から手につけて良いかわからない